2016

論文誌

 
  1. 中村 遼,石原 知洋, 関谷 勇司, 江崎 浩: "トンネリング技術を用いた汎用機器によるデータセンターマルチパスの実現", 日本ソフトウェア科学会, コンピュータ・ソフトウェア Vol. 33, No.3. pp.29-43, 2016年9月.
  2. 新島 有信, 小川 剛史: "視触覚融合コンテンツにおける複数の視覚刺激と振動刺激によるクロスモーダル知覚に関する検討", 情報処理学会論文誌(デジタルコンテンツ), Vol. 4, No. 2, pp. 19-26, 2016年8月.
  3. 向井 寛人, 小川 剛史: "個人認証を目的とした視線の軌跡情報からの特徴抽出", 情報処理学会論文誌(デジタルコンテンツ), Vol. 4, No. 2, pp. 27-35, 2016年8月.

国際会議

 
  1. Arinobu Niijima and Takefumi Ogawa: "Study on Control Method of Virtual Food Texture by Electrical Muscle Stimulation", In Proceedings of the 29th ACM User Interface Software and Technology Symposium (UIST2016), pp. 199-200, October, 2016.
  2. Arinobu Niijima and Takefumi Ogawa: "Virtual Food Texture by Electrical Muscle Stimulation", In Proceedings of the 2016 ACM International Symposium on Wearable Computers (ISWC2016), pp. 48-49, September. 2016.
  3. Ryo Nakamura, Yohei Kuga, Yuji Sekiya, and Hiroshi Esaki: "Protocol-Independent FIB Architecture for Network Overlays", In Proceedings of the 7th ACM SIGOPS Asia-Pacific Workshop on Systems, August 2016.
  4. Arinobu Niijima and Takefumi Ogawa: "A Proposal of Virtual Food Texture by Electric Muscle Stimulation", In Proceedings of the 8th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities, pp. 1-6, July. 2016.
  5. Arinobu Niijima and Takefumi Ogawa: "A Study on Control of a Phantom Sensation by Visual Stimuli", In Proceedings of EuroHaptics 2016, pp. 305-315, July, 2016.
  6. Takeshi Takahashi, Daisuke Miyamoto: "Structured Cybersecurity Information Exchange for Streamlining Incident Response Operations", In Proceedings of IEEE/IFIP Network Operations and Management Symposium (NOMS), April 2016.

国内研究会

 
  1. 浅井 一輝, 小川 剛史: "オプティカルフロー強調による移動速度感覚の変化に関する一検討", VR 学研報, Vol. 21, No. CS-3., CSVC2016-25, pp.19-24, 2016年10月.

2015

論文誌

 
  1. 新島 有信, 小川 剛史: "視覚刺激を用いたファントムセンセーションの生起の制御に関する検討", 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 21, No. 1, pp. 93-100, 2016年3月.
  2. 朴 燦鎬, 小川 剛史: "携帯端末の利用環境に依存しない端末把持姿勢認識手法", 情報処理学会論文誌(デジタルコンテンツ), Vol. 4, No. 1, pp. 10-18, 2016年2月.
  3. Ryo Nakamura, Kouji Okada, Yuji Sekiya, and Hiroshi Esaki: "A common data plane for multiple overlay networks", Computer Networks Journal, Vol. 92, Part 2, pp.240--250, December 2015.
  4. 山本 成一,中村 遼, 上野 幸杜, 堀場 勝広, 関谷 勇司: "GINEW : 革新的なネットワーク運用管理アーキテクチャの一提案", 日本ソフトウェア科学会, コンピュータ・ソフトウェア, Vol.32, No.3, pp.46--57, 2015年9月.
  5. Yuzo Taenaka, Masaki Tagawa, Kazuya Tsukamoto: "An Experimental Approach to Examine a Multi-Channel Multi-Hop Wireless Backbone Network", An International Journal of Computing and Informatics, Vol.39, No.4, 2015.
  6. 燧 暁彦, 小川 剛史: "拡張現実感のためのRandom Forestを用いた輪郭検出手法", 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J98-D, No.9, pp. 1201-1211, 2015年9月.
  7. 米澤 和也, 小川 剛史: "仮想平面を用いた飛行ロボット操作手法の提案と評価", 情報処理学会論文誌(デジタルタルコンテンツ), Vol. 3, No. 2, pp. 32-41, 2015年8月
  8. 吉村 圭悟, 小川 剛史: "大画面ディスプレイのための両眼視差を考慮した指差しインタフェース", 情報処理学会論文誌(デジタルコンテンツ), Vol. 3, No. 2, pp. 42-51, 2015年8月.
  9. 堀場 勝広, 湧川 隆次, 関谷 勇司, 村井 純: "NFV におけるプロセス型ソフトウェアミドルボックスアーキテクチャ の提案", 電子情報通信学会,Vol.J98-B,No.7, 2015年7月.
  10. 関谷 勇司, 中村 遼, 岡田 和也, 堀場 勝広: "SDN と NFV による新たなネットワークサービス構造の提案", 電子情報通信学会, Vol.J98-B,No.4, pp. 333–344, 2015年4月.

国際会議

 
  1. Daisuke Miyamoto, Ryo Nakamura, Yuji Sekiya, Takeshi Takahashi: "Offloading Smartphone Firewalling Using OpenFlow-capable Wireless Access Points", In Proceedings of IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom Workshop), March 2016.
  2. Takeshi Takahashi, Daisuke Miyamoto, Koji Nakao: "Toward Automated Vulnerability Monitoring Using Open Information and Standardized Tools", In Proceedings of IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom Workshop), March 2016.
  3. Ryo Nakamura, Yohei Kuga, Yuji Sekiya, and Hiroshi Esaki: "Protocol Independent NIC Offloading for Overlay Networks", In the Proceedings of the 2015 CoNEXT on Student Workshop, December 2015.
  4. Chanho Park and Takefumi Ogawa: "A Study on Grasp Recognition Independent of Users' Situations Using Built-in Sensors of Smartphones", In Proceedings of ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST2015, poster), November 2015.
  5. Daisuke Miyamoto, Blanc Gregory, Youki Kadobayashi: "Eye Can Tell: On the Correlation between Eye Movement and Phishing Identification", In Proceedings of the 7th International Workshop on Data Mining and Cybersecurity, November 2015.
  6. Ryo Nakamura, Kazuya Okada, Shuichi Saito, Hiroyuki Tanahashi, and Yuji Sekiya: "FlowFall: A Service Chaining Architecture with Commodity Technologies", In Proceedings of the 23rd IEEE International Conference on Network Protocols (ICNP), CoolSDN Workshop 2015, November 2015.
  7. Daisuke Miyamoto, Yasuhiro Yamamoto, Masaya Nakayama: "Text mining-based Approach for Estimating Vulnerability Score", In Proceedings of the 4th International Workshop on Building Analysis Datasets and Gathering Experience Returns for Security (BADGERS), November 2015.
  8. Ayumu Hirata, Daisuke Miyamoto, Masaya Nakayama, Hiroshi Esaki: "INTERCEPT+: SDN Support for Live Migration-based Honeypots", In Proceedings of the 4th International Workshop on Building Analysis Datasets and Gathering Experience Returns for Security (BADGERS), November 2015.
  9. Pernelle Mensah, Gregory Blanc, Kazuya Okada, Daisuke Miyamoto, Youki Kadobayashi: "AJNA : Anti-phishing JS-based visual aNAlysis to Mitigate Users' Excessive Trust in SSL/TLS", In Proceedings of the 4th International Workshop on Building Analysis Datasets and Gathering Experience Returns for Security (BADGERS), November 2015.
  10. Ryo Nakamura, Yuji Sekiya, Hiroshi Esaki: "Layer-3 Multipathing in Commodity-based Data Center Networks", In Proceedings of the 18th IEEE Global Internet Symposium 2015, April 2015.

国内研究会

 
  1. 新島 有信, 小川 剛史: "電気刺激を用いたバーチャル食感提示手法に関する一検討", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 115, No. 493, MVE2015-62, pp.49-54, 2016年3月.
  2. 向井 寛人, 小川 剛史: "視線による描画動作を用いた個人認証手法に関する一検討", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 115, No. 493, MVE2015-58, pp.25-30, 2016年3月.
  3. バータルスレン ムンフドルジ, 関谷 勇司: "ニュース記事解析に基づいたサイバー攻撃予測", 電子情報通信学会技術報告, Vol. 115, No. 484, IN2015-136, pp. 165-170, 2016年3月.
  4. 佐藤 康次, 関谷 勇司: "SDNを用いたNetwork監視によるデータ漏えい防止機構の検討", 電子情報通信学会技術報告, Vol. 115, No. 484, IN2015-139, pp. 183-188, 2016年3月.
  5. 中張 遼太郎, 新島 有信, 小川 剛史: "疲労軽減を目的とした電気的筋肉刺激による重量知覚制御に関する一検討", VR 学研報, Vol. 21, No. CS-1., CSVC2016-7, pp.35-39, 2016年2月.
  6. 北原 俊, 小川 剛史: "自然なしぐさを利用した視覚拡張システムにおけるキャプチャインタフェースの評価", 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-DCC-12, No. 32, 2016年1月.
  7. 朴 燦鎬, 小川 剛史: "ユーザの姿勢を考慮した携帯端末の把持姿勢認識に関する一検討", 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-DCC-12, No. 33, 2016年1月.
  8. 北原 俊, 小川 剛史: "自然なしぐさを利用した視覚拡張システムにおけるキャプチャインタフェース", VR 学研報, Vol. 20, No. CS-4, CSVC2015-34, pp.21-24, 2015年12月.
  9. 中張 遼太郎, 新島 有信, 小川 剛史: "電気的筋肉刺激が重量知覚に及ぼす影響に関する一検討", 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-DCC-11, No. 13, 2015年11月.
  10. 新島 有信, 小川 剛史: "視触覚融合コンテンツにおける視覚刺激と振動刺激のクロスモーダル知覚に関する一検討", 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-DCC-11, No. 12, 2015年11月.
  11. 向井 寛人, 小川 剛史: "視線の軌跡情報を用いた個人認証手法に関する一検討", 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-DCC-11, No. 11, 2015年11月.
  12. 北原 俊, 小川 剛史: "自然なしぐさを利用した視覚拡張システムにおけるズーミングインタフェース", VR 学研報, Vol. 20, No. CS-3, CSVC2015-24, pp.87-92, 2015年10月.
  13. 長谷川 幹人, 関谷 勇司: "PTP (Precision Time Protocol) の相互接続実証実験の現状と方向性", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 115, No. 192, IA2015-28, pp. 53-57, 2015年8月.
  14. Xiaozhou Jia, Panagiotis Georgopoulos, Laurent Vanbever, Karin Anna Hummel, Yuji Sekiya, and Hajime Tazaki: "SDN based Mobility Management", IEICE Technical Report, Vol. 115, No. 140, IN2015-24, pp. 7-23, 2015年7月.
  15. 関谷 勇司, 妙中 雄三, 大江 将史, 田崎 創: "多重仮想化を用いた大容量サービス環境の遠隔地への高速転送に関する研究", 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点, JHPCN 第7回シンポジウム, JHPCN 第7回シンポジウム資料集, pp. 92-95, 東京都, 2015年7月.
  16. 中村 遼, 石原 知洋, 関谷 勇司, 江崎 浩: "トンネリング技術を用いた汎用機器によるデータセンターマルチパスの実現", 日本ソフトウェア科学会, 第16回インターネットテクノロジーワークショップ (WIT 2015), 富山県, 2015年6月.
  17. 朴 燦鎬, 小川 剛史: "携帯端末の利用環境に依存しない端末把持姿勢推定に関する一検討", 情報処理学会研究報告, Vol.2015-DCC-10, No. 3, 2015年6月.
  18. 田川真樹, 妙中雄三, 塚本和也: "無線メッシュネットワークのパケットロスを低減する遅延バインディング型フロー割当による複数チャネル有効利用手法," 電気情報通信学会 モバイルネットワークとアプリケーション研究会, 2015年5月.

2014

論文誌

 
  1. Kengo Michishita, Yasushi Wakahara: "Grouping of Visible Terminals for Achieving High Throughput of Wireless Networks", Transactions on Engineering Technologies, pp 437-450, 2015.
  2. 廣井慧, 妙中雄三, 加藤朗, 砂原秀樹: "地上気象観測に基づいた強雨推定手法の一提案 -強雨の指標化モデルとその評価-," 災害情報学会学会誌「災害情報」, No. 13, 2015年3月.
  3. 廣井慧, 井上朋哉, 妙中雄三, 加藤朗, 砂原秀樹: "浸水発生の可能性とその危険を推定する指標化モデルの提案と評価," 電子情報処理学会論文誌, Vol.J98-D, No.3, pp. 396--403, 2015年3月.
  4. Yuji Sekiya, Tomohiro Ishihara, Hajime Tazaki: "DNSSEC simulator for realistic estimation of deployment impacts", IEICE Communications Express, Vol.3, No.10, pp. 305-310, October 2014.
  5. Shin’nosuke Yamaguchi, Yuzo Taenaka, Yuki Toyosaka, Yoshimasa Ohnishi, Kazunori Nishino, Yoshimi Fukumura, and Takashi Yukawa: "The Distribution Method of the High Resolution Video for a Blackboard based Lecture," International Journal of Technology and Educational Marketing (IJTEM), Vol. 4(2), pp. 28-43, 2014.
  6. Yuzo Taenaka and Kazuya Tsukamoto: "An efficient traffic management framework for multi-channel wireless backbone networks," IEICE Communications Express, Vol. 3 (2014), No. 3, pp. 98-103, 2014.
  7. 西川貴文, 紺野克明, 藤野陽三, 中山雅哉: "高層免震建物における既設ネットワークを利用した高密度振動観測システムとデータの利活用", 日本地震工学会論文集, Vol.14, No.2, pp.2_1-2_15, 2014年5月.
  8. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Real-time urban traffic amount prediction models for dynamic route guidance systems", EURASIP Journal on Wireless Communications and Networking (Section: SI: Network Routing and Communication Algorithm for Intelligent Transportation Systems), 2014:85, May 2014.

国際会議

 
  1. Fei Han, Daisuke Miyamoto, Yasushi Wakahara: "RTOB: a TDMA-based MAC Protocol to Achieve High Reliability of One-hop Broadcast in VANET", In Proceedings of the 12th IEEE Workshop on Managing Ubiquitous Communications and Services (MUCS 2015), March 2015.
  2. Kazuya Yonezawa, Takefumi Ogawa: "Flying Robot Manipulation System Using a Virtual Plane", In Proceeding of IEEE Virtual Reality Conference (VR2015, Poster), pp. 313-314, March 2015.
  3. Hajime Tazaki, Ryo Nakamura, Yuji Sekiya: "Library operating system with mainline Linux kernel", In Proceedings of The Technical Conference on Linux Networking (netdev 0.1), February 2015.
  4. Keigo Yoshimura, Takefumi Ogawa: "Binocular Interface: Interaction Techniques Considering Binocular Parallax for a Large Display", In Proceedings of IEEE Virtual Reality Conference (VR2015), pp. 315-316, March 2015.
  5. Yuzo Taenaka, Masaki Tagawa, and Kazuya Tsukamoto: "Experimental deployment of a multi-channel wireless backbone network based on an efficient traffic management framework," In proceedings of 5th International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems, November 2014.
  6. Arinobu Niijima, Takefumi Ogawa: "Visual Stimulation Influences on the Position of Vibrotactile Perception", In Proceedings of AsiaHaptics 2014, November 2014.
  7. Yuzo Taenaka and Kazuya Tsukamoto: "An adaptive channel utilization method with traffic balancing for multi-hop multi-channel wireless backbone network," In proceedings of International Conference on Software-Defined and Virtualized Future Wireless Networks (SDWN), October 2014.
  8. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Reducing Average Travel Time through Individualized Route Guidance in Urban Traffic Network", Proceedings of APNOMS 2014, I2-4, September 2014
  9. Arinobu Niijima, Takefumi Ogawa: "A Study of Changing Locations of Vibrotactile Perception on a Forearm by Visual Stimulation", In Proceedings of the 7th International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech 2014), pp. 86--95, September 2014.
  10. Hajime Tazaki, Kazuya Okada, Yuji Sekiya, Youki Kadobayashi: "MATATABI: Multi-layer Threat Analysis Platform with Hadoop", In Proceedings of the 3rd International Workshop on Building Analysis Datasets and Gathering Experience Returns for Security (BADGERS 2014), September 2014.
  11. Daisuke Miyamoto, Takuji Iimura, Gregory Blanc, Hajime Tazaki, Youki Kadobayashi: "EyeBit: Eye-Tracking Approach for Enforcing Phishing Prevention Habits", In Proceedings of the 3rd International Workshop on Building Analysis Datasets and Gathering Experience Returns for Security (BADGERS 2014), September 2014.
  12. Masaki Tagawa, Yutaro Wada, Yuzo Taenaka, and Kazuya Tsukamoto: "Network Capacity Expansion Methods based on Efficient Channel Utilization for Multi-Channel Wireless Backbone Network," In proceedings of the 2014 International Workshop on Smart Complex Engineered Networks (SCENE), August 2014.
  13. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Speed-Volume Relationship Model for Speed Estimation on Urban Roads in Intelligent Transportation Systems", In Proceedings of the 23rd International Conference on Systems Engineering (ICSEng 2014), pp. 685--690, August 2014.
  14. Kengo Michishita, Yasushi Wakahara: "High Throughput Access Control based on Groups of Visible Terminals for Wireless Network", In Proceedings of World Congress on Engineering (WCE 2014), International Conference on Wireless Network, July 2014.
  15. Takuji Iimura, Daisuke Miyamoto, Hajime Tazaki, Youki Kadobayashi: "NECOMAtter: Curating Approach for Sharing Cyber Threat Information", The 9th International Conference on Future Internet Technologies (Poster session), June 2014.
  16. Ryo Nakamura, Kouji Okada, Yuji Sekiya, Hiroshi Esaki: "ovstack : A Protocol Stack of Common Data Plane for Overlay Networks", In Proceedings of Network Operations and Management Symposium (NOMS 2014), pp. 1-–8, May 2014.
  17. Kaoru Saito, Kazuhiko Nakamura, Mutsuyuki Ueta, Reiko Kurosawa Akio Fujiwara, Hiroki Kobayashi, Masaya Nakayama, Kazuyo Nagahama, Ayako Toko: "Environmental profilling experience for nature conservation with Cyberforest, that is real-time monitoring and archiving on the Internet", In Proceedings of the Digital Conservation Conference 2014, pp.9, May 2014.
  18. Kazuhiko Nakamura, Kaoru Saito, Akio Fujiwara, Hiroki Kobayashi, Masaya Nakayama, Kiyoshi Tanaka: "Cyberforest for environmental education: monitoring and archiving the real forest environment in real-time for future nature education materials", In Proceedings of the Digital Conservation Conference 2014, pp.16, May 2014.
  19. Akio Fujiwara, Kaoru Saito, Hiroki Kobayashi, Masaya Nakayama, Kazuhiko Nakamura, Masahiro Iwaoka: "Cyberforest Real-time monitoring and archiving system for nature conservation", In Proceedings of the Digital Conservation Conference 2014, pp.18, May 2014.
  20. Jane Louie Fresco Zamora, Naoya Sawada, Takemi Sahara, Shigeru Kashihara, Yuzo Taenaka, Suguru Yamaguchi: "Surface Weather Observation via Distributed Devices", In proceedings of IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference (I2MTC 2014), May 2014.

国内研究会(査読有り)

 
  1. 秋 山寛子, 中山 雅哉, 加藤 朗, 砂原 秀樹: "2つの匿名化情報の組み合わせによる k-匿名度の定式化に関する考察", 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2014)論文集, pp. 234-240, 2014年7月.
  2. 米澤 和也, 小川 剛史: "仮想平面を利用した飛行ロボット操作システム", 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2014)論文集, pp. 1904–1909, 2014年7月. (優秀論文賞)
  3. 吉村 圭悟, 小川 剛史: "大画面ディスプレイのための両眼視差を利用したユーザインタフェースの評価", 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2014)論文集, pp. 1910-1915, 2014年7月.

国内研究会

 
  1. 水山 一輝, 和田 祐太郎, 田川 真樹, 妙中 雄三, 塚本 和也: "OpenFlowを用いたマルチホップ無線ネットワークにおける制御トラヒック削減手法の検討", 電子情報通信学会 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-221, pp. 257-262, 2015年3月.
  2. Fei Han, Daisuke Miyamoto, Yasushi Wakahara: "Reliable TDMA-based One-hop Broadcast for Safety Applications in VANET", 電子情報通信学会総合全国大会、2015年3月.
  3. 山本 康裕, 宮本 大輔, 中山 雅哉: "年次的な脆弱性情報への教師あり潜在ディリクレ配分法の適用による脆弱性スコア予測の研究", 電子情報信学会技術研究報告 信学技報, vol. 114, no. 489, ICSS2014-79, pp. 97-102, 2015年3月
  4. 内田 峻靖, 高岡 詠子, 落合 秀也, 中山 雅哉, 江崎 浩, 砂原 秀樹: "気象情報ビッグデータ管理インタフェースの構築", 第77回情報処理学会全国大会、2ZD-03, 2015年3月.
  5. 燧 暁彦, 小川 剛史: 拡張現実感におけるユーザの首振りを考慮した輪郭検出手法に関する一検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 114, No. 454, PRMU2014-119, pp. 43-48, 2015年2月.
  6. 福勢 晋, 若原 恭: "確率的バンディットアルゴリズム Successive Elimination に於ける最適アーム探索に必要なサンプル数削減", 情報処理学会, 第102回数理モデル化と問題解決研究発表会, pp. 1-6, 2015年2月.
  7. 吉村 圭悟, 小川 剛史: 大画面ディスプレイのための両眼視差を考慮したコンテンツ操作手法, 情報処理学会研究報告, Vol.2015-DCC-9, No. 7, 2015年1月
  8. 村松 佳奈, 中山 雅哉, 斎藤 馨: "全方位パノラマアプリによる森林景観の印象と森林現地体験に及ぼす効果に関する考察", 情報処理学会研究報告, Vol.2015-DCC-9, No.5, 2015年1月.
  9. 王 夢, 小川 剛史: CoCoMo: マルチディスプレイシステムにおけるモバイル端末の移動を考慮したインタラクティブシステム, VR 学研報, Vol. 19, No. CS-4, CSVC2014–33, pp. 9–12. 2014年12月. (優秀発表賞, サイバースペース研究賞)
  10. Fei Han, Daisuke Miyamoto, Yasushi Wakahara: "RTOB: a TDMA-based MAC protocol to improve reliability of one-hop broadcast in VANET", 電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会、2014年10月.
  11. 燧 暁彦, 小川 剛史: 拡張現実感のためのRandom Forestを用いた輪郭検出手法に関する一検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 114, No. 230, PRMU2014-59, pp. 27-32, 2014年10月.
  12. 王 夢, 小川 剛史: モバイルデバイスを用いたマルチディスプレイシステムにおける端末の移動を考慮したインタラクション手法, VR 学研報, Vol. 19, No. CS-3, CSVC2014-30, pp. 149-154, 2014年10月.
  13. 岡崎 成晃, 小川 剛史: 拡張現実感を用いた床面の擬似傾斜が歩行者に与える影響の検証, VR 学研報, Vol. 19, No. CS-3, CSVC2014-24, pp. 57-62 , 2014年10月.
  14. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Microscopic Route Guidance System with Vehicle-Level Rerouting for Facilitating Smooth Travel in City Areas", 電子情報通信学会通信ソサイエティ大会、BS-6-12、2014年9月.
  15. 吉村 圭悟, 小川 剛史: "両眼視差を考慮した大画面ディスプレイのための指差しインタフェースの提案", VR 学研報, Vol. 19, No. CS–2, CSVS2014–13, pp. 67–-72, 2014年7月.
  16. 新島 有信, 小川 剛史: "生体情報を利用した振動刺激知覚測定方法に関する一考察", VR 学研報, Vol. 19, No. CS–2, CSVS2014–14, pp. 73–-77, 2014年7月.
  17. 瀬戸 芳一, 横山 仁, 安藤 晴夫, 常松 展充, 中谷 剛, 小司 禎教, 楠 研一, 中山 雅哉, 高橋 日出男: "東京都区部で発生した短時間強雨時の降水量分布と地上風系・可降水量との関係", 日本気象学会2014春季大会, B154, 2014年5月.

招待講演/招待論文

 
  1. 関谷 勇司: "SDN と NFV が生み出す次世代のネットワークアーキテクチャ", Okinawa Open Days 2014, 2014年12月.
  2. 関谷 勇司: "SDN と NFV が生み出す新たなネットワークアーキテクチャの可能性", NFV Israel 2014, 2014年12月.
  3. 関谷 勇司: "SDN + NFV が切り開く新たなネットワークサービスアーキテクチャの世界", SDN Japan 2014, 2014年10月.
  4. Daisuke Miyamoto: "End-user Protection in Cybersecurity Aspect from Cognitive Psychology", The 2014 Cybersecurity Data Mining Competition and Workshop, October 2014.
  5. 関谷 勇司: "Interop Tokyo 2014 に見る SDN と NFV の現状", 第15回インターネットテクノロジーワークショップ, 日本ソフトウェア科学会 インターネットテクノロジ研究会 (WIT2014), 2014年6月.

Internet Draft

 
  1. Chris Inacio, Daisuke Miyamoto: "MILE Implementation Report", draft-ietf-mile-implementreport-00, Internet Engineering Task Force, July 2014.

2013

論文誌

 
  1. Yuzo Taenaka, Kazuya Tsukamoto: "An efficient traffic management framework for multi-channel wireless backbone networks", IEICE Communications Express, Vol. 3, No. 3 pp. 98--103, March 2014.
  2. Shigeru Kashihara, Takuma Hayashi, Yuzo Taenaka, Takeshi Okuda, Suguru Yamaguchi: "Data Delivery Method Based on Neighbor Nodes' Information in a Mobile Ad Hoc Network", The Scientific World Journal, Volume 2014, Article ID 793171, February 2014.
  3. 佐川 俊介, 小川 剛史: "バブルディスプレイ:水中の気泡を用いたインタラクティブ映像システム", 情報処理学会論文誌(デジタルコンテンツ), Vol. 2, No. 1, pp. 16--23, 2014年2月.
  4. Yuzo Taenaka, Shigeru Kashihara, Kazuya Tsukamoto, Suguru Yamaguchi, Yuji Oie: "An Implementation Design of a Cross-Layer Handover Method with Multi-Path Transmission for VoIP Communication", Elsevier Ad Hoc Networks, Vol. 13, Part B, Pages 462--475, February 2014.
  5. 廣井 慧, 妙中 雄三, 中山 雅哉, 横山 仁, 中谷 剛, 隅 良平, 砂原 秀樹: "気象観測網を活用した水害向け危険指標生成モデルの提案とその評価", 電子情報通信学会論文誌, Vol. J96-B, No. 10, pp. 1198--1205, 2013年10月.
  6. Yuzo Taenaka, Kazuya Tsukamoto, Shigeru Kashihara, Suguru Yamaguchi, Yuji Oie: "An Implementation Design of a WLAN Handover Method based on Cross-layer Collaboration for TCP Communication", IEICE Transactions on Communications, Vol.E96-B, No.07, pp. 1716--1726, July 2013.

国際会議

 
  1. Daisuke Miyamoto, Satoru Teramura, Masaya Nakayama. "INTERCEPT: High-interaction Server-type Honeypot based on Live Migration", InProceedings of the 2nd Workshop on Emulation Tools, Methodology and Techniques (EMUTools), March 2014.
  2. Jane Louie Fresco Zamora, Noriyuki Suzuki, Hiroaki Takemoto, Shigeru Kashihara, Yuzo Taenaka, Suguru Yamaguchi: "Battery-saving Message Collection Method for Disrupted Communication Service Areas", In proceedings of the 11th annual IEEE Consumer Communications and Networking Conference, January 2014.
  3. Kei Hiroi, Yoshihito Seto, Futoshi Matsumoto, Yuzo Taenaka, Hideya Ochiai, Haruo Ando, Hitoshi Yokoyama, Masaya Nakayama, Hideki Sunahara: "Accurate and Early Detection of Localized Heavy Rain by Integrating Multivendor Sensors in Various Installation Environments", In Proceedings of IEEE SENSORS 2013, November 2013.
  4. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "City Traffic Prediction based on Real-time Traffic Information for Intelligent Transport System", In Proceedings of IEEE International Conference on Intelligent Transportation Systems (ITSC2013), October 2013.
  5. Xueting Lin, Takefumi Ogawa: "Blur with Depth: A Depth Cue Method Based on Blur Effect in Augmented Reality", In Proceedings of IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2013), October. 2013.
  6. Shin'nosuke Yamaguchi, Yoshimasa Ohnishi, Kazunori Nishino, Yuzo Taenaka, Yoshimi Fukumura, Hideki Yukawa: "The Support of the aBlackboard Based Lecture by High Resolution Video on The Tablet Computer", In Proceedings of the Second International Conference on E-Learning and E-Technologies in Education (ICEEE2013), September 2013.
  7. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Urban Traffic Prediction in the Scope of Intelligent Transport System", In Proceedings of the 15th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2013), September, 2013.
  8. Xinru Yao, Yasushi Wakahara: "Application of Synchronized Multi-Hop Protocol to Time-Variable Multi-Rate and Multi-Hop Wireless Network", In Proceedings of the 15th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2013), September. 2013.
  9. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Automatic Route Shortening based on Link Quality Classification in Ad Hoc Networks", In Proceedings of XVIII International Conference on Systems Science (ICSS2013), September 2013. (Best Paper Award, Best Student Paper Award)
  10. Xueting Lin, Takefumi Ogawa: "An Estimation Method for Blurring Effect in Augmented Reality", In Proceedings of ACM SIGGRAPH 2013 Posters, July 2013.
  11. Daisuke Miyamoto, Takeshi Takahashi: "Toward Automated Reduction of Human Errors based on Cognitive Analysis", In Proceedings of the 7th International Workshop on Advances in Information Security (WAIS2013), July 2013.
  12. Xinru Yao, Yasushi Wakahara: "Synchronized Multi-Hop Protocol with High Throughput for an IEEE 802.11 Multi-Hop Wireless Network", In Proceedings of IEEE Smart Communications in Network Technologies (SaCoNeT2013), June 2013.
  13. Ryo Nakamura, Yuji Sekiya, Hiroshi Esaki: "Implementation and Operation of User Defined Network on IaaS Clouds Using Layer3 Overlay", In Proceedings of the 3rd International Conference on Cloud Computing over Service Science 2013 (CLOSER2013), May 2013

国内研究会

 
  1. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Proactive Route Guidance System based on Vehicle Ranking", 電子情報通信学会総合大会, BS-1-75, 2014年3月.
  2. 小原 知也, 若原 恭:"早期再送によるアドホックネットワーク上のTCP 転送のグッドプット改善", 電子情報通信学会総合大会、B-6-158、2014年3月.
  3. 石原 知洋, 田崎 創, 岡田 和也, 宮本 大輔, 関谷 勇司: "Hadoop を利用した DNSトラヒックのセキュリティ解析をおこなう基盤についての一検討", 電子情報通信学会 信学技報, vol. 113, no. 512, ICSS2013-80, pp. 131--135, 2014年3月.
  4. 田崎 創, 岡田 和也, 関谷 勇司, 門林 雄基: "MATATABI:Hadoopによるマルチレイヤ脅威分析基盤の設計と構築", 電子情報通信学会 信学技法, vol. 113, no. 512, ICSS2013-77, pp. 113--118, 2014年3月.
  5. 和田 祐太郎, 田川 真樹, 塚本 和也, 妙中 雄三: "無線バックボーンネットワークにおける複数チャネル有効利用を目的とした通信制御手法の評価", 電子情報通信学会 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-271, pp. 549--554, 2014年3月.
  6. 小原 知也, 若原 恭: "アドホックネットワークにおけるTCP通信のグッドプットを改善する早期再送", 電子情報通信学会 信学技報, vol. 113, no. 495, MoNA2013-76, pp. 119--124, 2014年3月.
  7. 道下 賢吾, 若原 恭: "無線LANのスループットの改善を目的とした端末のグループ化とハイブリッドアクセス制御", 電子情報通信学会 信学技報, vol. 113, no. 472, NS2013-272, pp. 555--560, 2014年3月.
  8. 田川 真樹, 妙中 雄三, 塚本 和也: "無線メッシュバックボーンネットワークにおける複数チャネルを用いたアップ・ダウンストリーム分離と均等フロー割当手法の設計・実装", 電子情報通信学会 信学技報, vol. 113, no. 443, IA2013-97, pp. 165--170, 2014年2月.
  9. 妙中 雄三, 塚本 和也: "無線メッシュバックボーンネットワークのための複数チャネル有効利用手法の検討", 電子情報通信学会 信学技報, vol.113, no. 443, IA2013-96, pp. 159--164, 2014年2月.
  10. 竹本 裕明, Jane Louie Fresco Zamora, 樫原 茂, 妙中 雄三, 高井 峰生, 金田 茂, 山口 英: "スマートフォンのバッテリ消費モデルの実装について", Scenargie Workshop 2013, ポスター発表, 2013年12月.
  11. 米澤 和也, 小川 剛史: "飛行ロボット操作性向上のための仮想平面を利用した操作手法", VR学研報, 2013年12月.
  12. 藤居 翔吾, 田崎 創, 関谷 勇司 : "MultiPath TCP適用時のデータセンターネットワークでのフローサイズが与える影響に関する一考察", 電子情報通信学会 信学技法, vol. 113, no. 364, IA2013-65, pp.47--52, 2013年12月. (学生研究奨励賞)
  13. 竹本 裕明, ジェーン ルイ フレスコ ザモーラ, 樫原 茂, 妙中 雄三, 高井 峰生, 金田 茂, 山口 英: "通信被害地域における要救助者間の情報共有手法の評価と考察", 電子情報通信学会 信学技報, vol. 113, no. 304, MoNA2013-43, pp. 11-16, 2013年11月.
  14. 岡田 和也, 関谷 勇司, 門林 雄基: "SDNを利用したIXの設計に関する一検討", インターネットコンファレンス 2013, 日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ No.72, ISSN 1341-870X, インターネットコンファレンス 2013 論文集, pp. 43 — 49, 2013年10月.
  15. 廣井 慧, 井上 朋哉, 仲倉 利浩, 妙中 雄三, 加藤 朗, 砂原 秀樹: "定点観測カメラを活用した浸水観測ネットワークFloodEyeの構築と評価", インターネットコンファレンス2013, 2013年10月.
  16. 寺村 理, 宮本 大輔, 中山 雅哉. "Intercept : A proposal of VM-based High-interaction honeypot", インターネットコンファレンス2013, ポスター発表, 2013年10月
  17. 佐川 俊介, 小川 剛史: "SoundROKA: 日常生活における言葉の伝達を視覚的に提示する水槽", エンターテインメントコンピューティング2013論文集, 2013年10月.
  18. 米澤 和也, 小川 剛史: "仮想平面を利用した飛行物体操作手法の提案", VR学研報, 2013年9月.
  19. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Urban Traffic Prediction based on Spatial-Temporal Correlation", 電子情報通信学会 ソサエティ大会, 2013年9月.
  20. 石原 知洋, 櫨山 寛章, 関谷 勇司 : "失効したルート鍵を持つ DNSSEC 検証サーバの挙動調査と対策についての一考察", 情報処理学会, 研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol. 2013-IOT-23, No. 5, pp. 1--4, 2013年9月
  21. 長谷川 幹人, 関谷 勇司: "Ethernet OAM/CFM の相互接続の課題とこれから", 電子情報通信学会 信学技報, Vol. 118, No. 200, IA2013-18, pp.11--15, 2013年9月.
  22. 中村 遼, 堀場 勝広, 関谷 勇司: "SDNを用いたクラウドサービスネットワークの実現", 電子情報通信学会, 信学技報, Vol. 113, No. 200, IA2013-17, pp. 5--10, 2013年9月.
  23. 奥澤 智子, 関谷 勇司: "BGPを用いたデータセンターネットワークの構築", 電子情報通信学会 信学技報, Vol. 113, No. 200, IA2013-16, pp. 1--4, 2013年9月.
  24. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Real Time Traffic Prediction in Urban Traffic Network", 電子情報通信学会ITS研究会, 2013年9月.
  25. Xinru Yao, Yasushi Wakahara: "Application of Synchronized Multi-Hop Protocol to Multi-Hop Wireless Network with Variable Transmission Rates", 電子情報通信学会 ソサエティ大会, 2013年9月.
  26. 樫原茂, 妙中雄三, ジェーン ルイ フレスコ ザモーラ, 山口英: "SOScastにおける現状の問題分析と今後の展開シナリオに関する一検討", 電子情報通信学会 信学技報, 2013年8月.
  27. Xinru Yao, Yasushi Wakahara: "Analysis of Synchronized Multi-Hop Protocol and Proposal of Its S_ACK Extension under Time-Variable Multi-Rate and Multi-Hop Wireless Network", 電子情報通信学会 信学技報, Vol. 113, No. 194, RCS2013-140, pp. 99--104, 2013年8月.
  28. 佐川 俊介, 小川 剛史: "バブルディスプレイにおける水の特性を考慮したインタラクション手法", 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2013)論文集, pp. 170--174, 2014年7月. (ヤングリサーチャ賞)
  29. 廣井 慧, 妙中 雄三, 横山 仁, 中谷 剛, 三隅 良平, 中山 雅哉 砂原 秀樹: "気象センサネットワークを活用した災害情報提供による高校生への防災教育", 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2013)論文集, 2013年7月.
  30. 王 夢, 小川 剛史: "視覚と聴覚のクロスモーダル知覚を用いた音像定位システムに関する基礎検討", 情報処理学会研究報告, Vol.2013-DCC-4, No. 7, 2013年6月.
  31. 岡崎 成晃, 小川 剛史: "拡張現実感による床面傾斜提示が歩行者に及ぼす影響", VR学研報, Vol.18, No.CS-2, CSVS2013-14, pp.79-83, 2013年6月. (サイバースペース研究賞)
  32. 瀬戸 芳一, 横山 仁, 安藤 晴夫, 廣井 慧, 中山 雅哉, 楠 研一, 真木 雅之, 斎藤 勇人, 高橋 日出男: "都市の極端気象観測に向けた地上気象モニタリング(2): 都市部で 発生する夏季の短時間強雨時における降水量分布と地上風系との関係", 日本地球惑星科学連合 2013年大会, AAS23-07, 2013年5月.
  33. 横山 仁, 安藤 晴夫, 瀬戸 芳一, 廣井 慧, 中山 雅哉, 楠 研一, 真木 雅之, 斎藤 勇人, 高橋 日出男: "都市の極端気象観測に向けた地上気象モニタリング(1): 夏季における東京都内の気象特性", 日本地球惑星科学連合 2013年大会, AAS23-06, 2013年5月.
  34. 妙中 雄三, 松井 加奈絵, 山形 与志樹: "Android間PSNを用いたメッセージングアプリケーションの試作・デモ", DTNとその未来に関するワークショップ, 2013年5月.
  35. 廣井 慧, 妙中 雄三, 砂原 秀樹: "水害発生時における災害情報の到達率向上を目的とした情報共通インタフェースの提案", 情報処理学会, 2013年5月.(学生奨励賞受賞)
  36. 松井 加奈絵, 妙中 雄三, 山形 与志樹, 砂原 秀樹: "都市のレジリエンス向上のためのすれ違い通信型情報伝搬の分析手法の一考察", 情報処理学会, 2013年5月.(学生奨励賞受賞)
  37. 妙中 雄三, 松井 加奈絵, 山形 与志樹: "都市のレジリエンス向上を目指したすれ違い通信基盤(SABA)の試作・動作実験", 情報処理学会, 2013年5月.

招待講演/招待論文

 
  1. 若原 恭, ヤオ シンルー: "マルチホップ無線ネットワークのスループット", 電子情報通信学会 技術報告IN2013-125、pp.45-50、2014年1月.
  2. Yuji Sekiya: "Challenges and Applications of SDN in Interop Tokyo ShowNet 2013", IEICE Tech. Report, Vol. 133, No. 240, IA2013-31, pp 29-34, October 2013.
  3. 関谷 勇司: "SDN 動向", 第2回 SDN/クラウドセミナー, 一般社団法人沖縄オープンラボラトリ, 東京大学, 2013年11月.
  4. Daisuke Miyamoto: "Boosting Human: Protecting the Weakest Link in Information Security", Advanced Industry Data Analysis and Applications Workshop Department of Computing, UNITEC Institute of Technology, September 2013.

Internet Draft

 
  1. Daisuke Miyamoto, Takeshi Takahashi: "Knowledge obtained from the implementation experience of an IODEF-capable incident response management system", draft-daisuke-iodef-experiment-00, Internet Engineering Task Force, March 2014.

2012

論文誌

 
  1. 廣井 慧, 横山 仁, 中谷 剛, 瀬戸 芳一, 安藤 晴夫, 三隅 良平, 妙中 雄三, 中山 雅哉, 砂原 秀樹: "短時間強雨等の局地的極端現象に対する高校生の防災意識向上に向けた気象センサネットワークの活用", 情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム, Vol. 3, No. 1, pp. 10--20, 2013年3月.
  2. Kazuya Tsukamoto, Shigeru Kashihara, Yuzo Taenaka, Yuji Oie: "An efficient handover decision method based on frame retransmission and data rate for multi-rate WLANs", Elsevier Ad Hoc Networks, Vol. 11, No. 1, pp. 324--338, January 2013.
  3. Daisuke Miyamoto, Hiroaki Hazeyama, Youki Kadobayashi, Takeshi Takahashi: "Behind HumanBoost: Analysis of Users' Trust Decision Patterns for Identifying Fraudulent Websites", Journal of Intelligent Learning Systems and Applications, Vol. 4, No. 4, pp. 319--329, November 2012.
  4. 新島 有信, 小川 剛史: "拡張現実感における視覚刺激位置が触知覚位置に与える影響の分析", 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 17, No. 2, pp. 73--78, 2012年6月.
  5. 関谷 勇司: "IaaSクラウドを構築するソフトウェア技術 ~WIDEクラウドを事例として~", 日本ソフトウェア科学会, コンピュータ・ソフトウェア, Vol. 29, No. 2, pp. 2--15, 2012年5月.

国際会議

 
  
  1. Marat Vyshegorodtsev, Daisuke Miyamoto, Yasushi Wakahara: "Reputation Scoring System Using an Economic Trust Model - A distributed approach to evaluate trusted third parties on the Internet", In Proceedings of the 7th International Symposium on Security and Multimodality in Pervasive Environment, March 2013.
  2. Xueting Lin, Takefumi Ogawa: "A Depth Cue Method Based on Blurring Effect in Augmented Reality", In Proceedings of the International Conference on Augmented Human, March 2013.
  3. Daisuke Miyamoto, Yuzo Taenaka, Toshiyuki Miyachi, Hiroaki Hazeyama: "PhishCage: Reproduction of Fraudulent Websites in the Emulated Internet", In Proceedings of the 1st Workshop on Emulation Tools, Methodology and Techniques, March 2013.
  4. Daisuke Miyamoto, Toshiyuki Miyachi: "COSMO: Emulation of Internet Traffic", In Proceedings of the 1st Workshop on Emulation Tools, Methodology and Techniques (Poster Session), March 2013.
  5. Daisuke Miyamoto, Takuji Iimura: "PACKTER: implementation of Internet traffic visualizer and extension for network forensics", In the 1st IMC Workshop of Internet Visualization (Demo and Poster Session), November 2012.
  6. Eimatsu Moriyama, Takeshi Takahashi, Daisuke Miyamoto: "DNS-based Defense Against IP Spoofing Attacks", In Procedings of the 5th International Workshop on Data Mining and Cybersecurity, November 2012.
  7. Kentaro Yoshida, Daisuke Miyamoto, Yuji Sekiya: "Design and Evaluation of Area Limited Multicast with OpenFlow", In Procedings of the 3rd Annual International Conference on Network Technogies & Communications, October 2012.
  8. Kentaro Yoshida, Daisuke Miyamoto, Yuji Sekiya: "Area Limited Multicast with OpenFlow", In AsiaFI 2012 Summer School (Poster Sesseion), August 2012.
  9. Ryo Nakamura, Yukito Ueno, Katsuhiro Horiba, Yuji Sekiya, Hiroshi Esaki: "Route Optimization for Geographically Distributed IaaS Platform Through the Integration of LISP and VXLAN", In AsiaFI 2012 Summer School (Poster Session), August 2012.
  10. Keiichi Shima, Wataru Ishida, Yuji Sekiya: "Design, Implementation, Operation of IPv6-only IaaS System with IPv4-IPv6 Translator for Transition toward the Future Internet Datacenter", In Proceedings of 2nd International Conference on Cloud Computing and Services Science (CLOSER2012), pp. 306--314, April 2012.

国内研究会

 
  1. 斎藤 馨, 中村 和彦, 渡辺 隆一, 藤原 章雄, 岩岡 正博, 中山 雅哉, 大辻 永, 小林 博樹: "インターネット森林観察ウェブサイトの構築」, 第124回日本森林学会大会, B02, 2013年3月.
  2. 石川 圭也, 妙中 雄三, 中山 雅哉: "レスポンスタイムを一定時間内とするための帯域使用率に 基づくフロー間優先制御方式の提案と評価」, 電子情報通信学会技術研究報告 信学技報 IA2012-97, Vol.112, No.489, pp.127-132, 2013年3月.
  3. Marat Vyshegorodtsev, Daisuke Miyamoto, Yasushi Wakahara: "Evaluation of the economy-based trust model in peer-to-peer networks", 電子情報通信学会 総合大会, 2013年3月.
  4. Zilu Liang, John Polak, Yasushi Wakahara: "Investigation on the Performance of Route Guidance Systems with Imperfect Input", 電子情報通信学会 総合大会, 2013年3月.
  5. Zilu Liang, John Polak, Yasushi Wakahara: "Simulation Studies on the Benefit of Route Guidance Generated from Imperfect Traffic Data", 電子情報通信学会ITS研究会, 2013年3月.
  6. 大塚 隆史, 小川 剛史: "拡張現実感における擬似触覚を用いた仮想物体の重量知覚に関する一検討", 電子情報通信学会技術研究報告, 2013年3月.
  7. 高村 将大, 小川 剛史: "おてがみ:個人の手書き文字フォントを用いたコミュニケーションシステム", 情報処理学会研究報告, 2013年3月.
  8. 廣井 慧, 妙中 雄三, 松井 加奈絵, 横山 仁, 砂原 秀樹: "河川洪水の危険指標生成モデルの提案", 電子情報通信学会技術研究報告書, IA2013-03, 東大寺総合文化センター, 2013年3月.
  9. 石川 圭也, 妙中 雄三, 中山 雅哉: "レスポンスタイムを一定時間内とするための帯域使用率に基づくフロー間優先制御方式の提案と評価", 電子情報通信学会技術研究報告書, IA2013-03, 東大寺総合文化センター, 2013年3月.
  10. Marat Vyshegorodtsev, Daisuke Miyamoto, Yasushi Wakahara: "Comparative study of financial and voting-based reputation systems", 電子情報通信学会技術研究報告, 2013年3月.
  11. 佐川 俊介, 小川 剛史: "映像とのインタラクションを可能にするバブルディスプレイの提案", 情報処理学会研究報告, Vol. 2013-DCC-3, No. 13, 2013年1月.
  12. 山口 真之介, 大西 淑雅, 西野 和典, 湯川 高志, 福村 好美: 妙中 雄三: "複数撮影による高精細板書型講義動画の配信方式", 電気学会技術研究報告(通信), CMN-13-006, 2013年1月.
  13. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Reliable Local Recovery in Ad Hoc Wireless Networks", 電子情報通信学会ネットワークシステム研究会, 2012年12月.
  14. Xinru Yao, Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Synchronized Multi-Hop Protocol with Fast Transmission Failure Recovery for IEEE 802.11 Multi-Hop Wireless Network under Large Interference Range", 電気学会技術研究報告(通信), Vol. 112, No. 50, NS2012-120, pp. 19--24, 2012年12月.
  15. 大西 淑雅, 山口 真之介, 西野 和典, 坪倉 篤志, 伊藤 研, 妙中 雄三: "メディアコンテンツを用いた分散型相互評価の試み", 大学ICT推進協議会年次大会講演論文集, 2012年12月.
  16. 廣井 慧, 妙中 雄三, 松井 加奈絵, 横山 仁, 砂原 秀樹: "河川水位観測に基づく河川リスク情報の生成と提供", インターネットコンファレンス2012, pp. 109-110, 2012年11月.(ポスターセッション賞受賞)
  17. 滑川 敬章, 落合 秀也, 山内 正人, 高岡 詠子, 中山 雅哉, 江崎 浩, 砂原 秀樹: "情報系高校における環境情報を計測・可視化する実用的な プログラミング教育の実践", 情報処理学会, Vol2012-CE-116, No.16, pp.1-8, 2012年10月.
  18. 山口 真之介, 大西 淑雅, 西野 和典, 湯川 高志, 福村 好美: 妙中 雄三: "高精細板書型講義動画に関する配信効率化方式", 電気学会技術研究報告(通信), CMN12-38, No.188, pp. 115-119, 2012年8月.
  19. Marat Vyshegorodtsev, Daisuke Miyamoto, Yasushi Wakahara: "Providing user account validation in anchor-less networks", コンピュータセキュリティシンポジウム,2012年11月.
  20. Xinru Yao, Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Extending the Synchronized Multi-Hop Protocol with Fast Transmission Failure Recovery for Multi-Hop Wireless Networks", 電子情報通信学会 ネットワークソフトウェア研究会,2012年10月.
  21. Zilu Liang, Xinru Yao, Yasushi Wakahara: "A New Intelligent Transport System for Traffic Congestion Management", 電子情報通信学会 ソサエティ大会, 2012年9月.
  22. Xinru Yao, Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "SMHP: an IEEE 802.11 based MAC Protocol for Solving the Throughput Problem of a Multi-Hop Wireless Network", 電子情報通信学会 ソサエティ大会, 2012年9月.
  23. 吉田 賢太郎, 宮本 大輔, 関谷 勇司: "OpenFlowを用いたエリア限定マルチキャスト", 電子情報通信学会技術研究報告 信学技報 Vol. 112, No. 134, IN2012-34, pp. 7--12, 2012年7月.
  24. 廣井 慧, 山内 正人, 瀬戸 芳一, 安藤 晴夫, 横山 仁, 中谷 剛, 三隅 良平, 中山 雅哉, 砂原 秀樹: "短時間強雨等の局地的極端現象に対する高校生の防災意識 向上に向けた気象センサネットワークの活用", マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2012)論文集, pp. 886--895, 2012年7月.
  25. 結城 皖曠, 山田 豊通, 山崎 泰弘, 若原 恭: "G3ファクシミリの2次元符号化技術と国際標準化 -- IEEE Milestones認定を記念して --", 電気学会, 電気技術史研究会, pp.31-36, HEE-12-14, 2012年6月.
  26. Zilu Liang, Yasushi Wakahara: "Performance Improvement of Route Shortening in Wireless Ad Hoc Networks", 電子情報通信学会 ネットワークソフトウェア研究会,2012年6月.
  27. 瀬戸 芳一, 横山 仁, 安藤 晴夫, 廣井 慧, 青木 正敏, 楠 研一, 中山 雅哉, 高橋 日出男: "2011年8月26日に東京都区部で発生した短時間強雨事例の解析 ー降水量分布と地上風系との関係についてー", 気象学会2012年度春季大会, D157, 2012年5月.
  28. 石川 圭也, 妙中 雄三, 中山 雅哉: "端末密度の高い無線LAN環境における通信品質低下の改善に向けた検討", 電子情報通信学会技術研究報告 信学技報 Vol. 112, No. 28, IN2012-21, pp. 55-60, 2012年5月.

著書

 
  1. 若原 恭他: "ネットワークソフトウェア(未来へつなぐ デジタルシリーズ 16)", 共立出版, 2013年1月.
  2. 関谷 勇司, 岩田 淳, 佐宗 大介, 下條 真司, 河合 栄治: "次世代網を実現する OpenFlow 技術最新動向 2013", インプレス R&D, ISBN-13: 978-4844395522, 2012年10月

表彰

 
  1. 若原 恭他: "IEEE Milestones", (NTT・KDDIの業績「International Standardization of G3 Facsimile, 1980」のマイルストーン認定への貢献), IEEE, 2012年4月.

2011

論文誌

 
  1. 石原 知洋, 関谷 勇司, 村井 純: "DNSにおける認証情報管理手法の提案", 日本ソフトウェア科学会, コンピュータ・ソフトウェア, Vol. 28, No. 4, pp. 97--107, 2011年11月.

国際会議

 
  1. Arinobu Niijima, Takefumi Ogawa: "Influence Analysis of Visual Stimuli on Localization of Tactile Stimuli in Augmented Reality", In Proceedings of the 19th IEEE Virtual Reality Conference, pp. 105--106, March 2012.
  2. Blanc Gregory, Daisuke Miyamoto, Mitsuaki Akiyama, Youki Kadobayashi: "Characterizing Obfuscated JavaScript using Abstract Syntax Trees: Experimenting with Malicious Scripts", In Proceedings of the 2012 IEEE Workshops of International Conference on Advanced Information Networking and Applications, pp. 344--351, March 2012.
  3. Yanjue Xu, Yuji Sekiya: "Scheme of Resource Optimization using VM Migration for Federated Cloud", In Proceedings of Asia Pacific Advanced Network, pp. 36--44, August 2011.

国内研究会

 
  1. Zilu Liang, Yuzo Taenaka, Yasushi Wakahara: "Applying Support Vector Machine to Automatic Route Shortening in Wireless Ad Hoc Networks", 電子情報通信学会 総合大会, BS-3-40, pp. S-77--S-78, 2012年3月.
  2. Marat Vyshegorodtsev, Daisuke Miyamoto, Yasushi Wakahara: "Governance-free secure domain naming systm", 電子情報通信学会 総合大会, BS-3-3, pp. S-5--S-6, 2012年3月.
  3. 斎藤 馨, 中山 雅哉, 小林 博樹, 中村 和彦, 藤原 章雄: "大槌サウンドスケープ配信", 電子情報通信学会 総合大会, BS-6-2, 2012年3月.
  4. 妙中 雄三, 勝間田 賀章: "無線メッシュルータの試作機のフィールド実験の報告", 電子情報通信学会 総合大会, BS-7-62, 2012年3月.
  5. 山崎 弘太郎, 妙中 雄三, 若原 恭: "P2P Massively Multi-player Online Role Playing Gameにおけるゲーム情報の悪用を防ぐ分散管理手法の提案と評価", 電子情報通信学会技術研究報告 信学技報, IN2011-150, pp. 79--84, 2012年3月.
  6. 新島 有信, 小川 剛史: "拡張現実感における視覚刺激を利用した上肢への触覚提示手法に関する一考察", 電子情報通信学会技術研究報告 信学技報, Vol. 111, No. 479, MVE2011-117, pp. 127--133, 2012年3月.
  7. 中山 雅哉, 朴澤 佐智子: "きずな衛生を用いたIPマルチキャスト機能実験", 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会, 2012年2月.
  8. 関谷 勇司: "広域分散クラウドへの挑戦と課題", 電子情報通信学会技術研究報告 信学技報, Vol. 111, No. 375, IA2011-63, pp. 49--54, 2012年1月.
  9. 山崎 健生, 宮本 大輔, 中山 雅哉: "C++用タスクマッピングライブラリの実装と異種混合環境での評価", 情報処理学会 HPCS2012, pp. 15--22, 2012年1月.
  10. 新島 有信, 小川 剛史: "拡張現実感における視覚刺激と触覚刺激の提示位置の距離が触知覚位置に与える影響", VR学研報, Vol. 16, No. CS-4, CSVC2011-54, pp. 11--14, 2011年12月.
  11. 宮本 大輔, Gregory Blanc, 秋山 満昭: "抽象構文木を用いた Javascript ファイルの分類に関する一検討", マルウェア対策研究人材育成ワークショップ,2011年10月.
  12. Gregory Blanc, Mitsuaki Akiyama, Daisuke Miyamoto, Youki Kadobayashi: "Identifying Characteristic Syntactic Structures in Obfuscated Scripts by Subtree Matching", マルウェア対策研究人材育成ワークショップ, 2011年10月.
  13. Zilu Liang, Yuzo Taenaka, Takefumi Ogawa, Yasushi Wakahara: "Automatic Route Shortening Based on Support Vector Machine in Wireless Ad Hoc Networks", 電子情報通信学会 ソサエティ大会, 2011年9月.
  14. Zilu Liang, Yuzo Taenaka, Takefumi Ogawa, Yasushi Wakahara: "Automatic Route Shortening for Performance Enhancement in Ad Hoc Wireless Networks", 電子情報通信学会 ネットワークソフトウェア研究会,2011年6月.
  15. 山崎 健生, 宮本 大輔, 中山 雅哉: "C++用タスク割り当てライブラリ tpdplib の T2K オープンスーパーコンピュータ上での実装と NPB による評価", 情報処理学会 HPC研究会, Vol. 2011-HPC-129, No. 26, pp. 1--8, 2011年5月.
  16. 西出 隆志, 宮本 大輔, 須崎 有康, 吉岡 克成. "Network and Distributed System Security Symposium 2011参加報告", コンピュータセキュリティ研究発表会, 2011年5月.
  17. 新島 有信, 小川 剛史: "拡張現実感における仮想物体の動きが触知覚に与える影響に関する一考察", VR学研報, Vol. 16, No. CS-1, CSVC2011-7, pp. 37--42, 2011年4月.

修士論文

 
  1. 新島 有信: "拡張現実感における視覚刺激を利用した上肢への触覚提示手法", 東京大学大学院工学系研究科 電気系工学専攻, 2012年3月.
  2. 山崎 健生: "C++用並列分散処理テンプレートライブラリPDPTLの設計と実装・評価", 東京大学院工学系研究科 電気系工学専攻, 2012年3月.
  3. Yanjue Xu: "Virtual Machine Migration Strategy in Federated Cloud", 東京大学院工学系研究科 電気系工学専攻, 2011年9月.
  4. Zilu Liang: "Pro-Reactive Route Recovery and Automatic Route Shortening in Wireless Ad Hoc Networks", 東京大学院工学系研究科 電気系工学専攻, 2011年9月.
               

表彰

 
  1. Zilu Liang, Yuzo Taenaka, Takefumi Ogawa, Yasushi Wakahara: "研究奨励賞", 電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会, 2012年1月
  2. 新島 有信, 小川 剛史: "優秀発表賞", 日本バーチャルリアリティ学会サイバースペースと仮想都市研究会, 2011年12月
  3. 藤井 裕士, 小川 剛史: "ヒューマンコミュニケーション賞", 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ, 2011年12月
  4. 中山雅哉: "平成23年度「情報通信月間」関東総合通信局長表彰", 関東総合通信局, 2011年6月.

著書

 
  1. 中村 文隆: "シミュレータで理解しながら習得するアセンブラ言語 CASL II", CQ 出版社, 2012年3月

招待講演/招待論文

 
  1. 藤井 裕士, 小川 剛史: "色盲者支援のための混同線理論に基づく認識困難領域検出", 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループシンポジウム, 2011年12月.

Internet Draft

 
  1. Keiichi Shima, Yuji Sekiya, Katsuhiro Horiba: "Network Portability Requirements and Models for Cloud Environment", draft-shima-clouds-net-portability-reqs-and-models-01, Internet Engineering Task Force, October, 2011.

その他

 
  1. Yasushi Wakahara, Takefumi Ogawa, Yuzo Taenaka, Zilu Liang: "Route Maintenance for Mobile Ad Hoc Network", 東京大学グローバルCOE「セキュアライフ・エレクトロニクス」国際シンポジウム, 2012年1月.
  2. Yuji Sekiya: "Challenges for Large Distributed Inter-IaaS Cloud -- WIDE Cloud --", The 4th EU-Japan Symposium on the New Generation Network and the Future Internet, 2012年1月.
  3. Yuji Sekiya: "Overview of the Researches in ITC", CNRS/U-TOKYO GCOE Symposium, 2012年1月.
  4. 関谷 勇司: "広域分散型クラウドとそれを支えるネットワーク技術の最新動向 ~WIDE Project 大学間クラウドと ShowNet の事例から~", 第二回事業継続ITソリューションセミナー2011, 2011年9月.

2010